開発が始まるとクライアントと定期的に打ち合わせを行います。システムを完成してから、作り直しを指示されたり返品されるのを防ぐために、プログラムを書きながらシステムとクライアントのイメージとにズレが生じないよう定期的にミーティングを行って、フィードバックをもらうのです。